スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったメン レポート 

かなーりお久しぶりの更新になってしまいました。。


12月19日 13時と17時の公演を見てきました!

どうやってレポにしたらいいかってくらいにハチャメチャな内容の舞台で、
とにかく!すっごく楽しくて「おバカ」な舞台でした。

091223_161119.jpg



困ったメンSTORY
(公演パンフレットより)
西暦2013年。「100年に一度」といわれた2009年の景気の悪化から4年、世界はより深刻な不景気時代を迎えていた。デフレ、円高、圧倒的な雇用の不足、治安の悪化などにより「夢」はおろか、「生きる意味」すら失いかけている若者たち。
タダオ(上山竜司)も、そんな若者の一人であった。
12月のある日、タダオは友人のジャンボ(海老澤健次)から「演劇で夢を掴まないか?」と誘いを受ける。
若くして死んだ劇団員・サチオ(浜尾京介)の遺志を受け継ぎ、劇団員のノーベル(松本慎也)、セコ(鯨井康介)と共にクリスマスに公演を打ちたい!ジャンボはそう考えていたが・・・エリート官僚・森(加藤啓)の登場で事態は思わぬ方向に転がり出す。
そしてタダオは、自分より年下世代のジュンペイ(平田裕一郎)や、年上世代の百江(政岡泰志)らと出会ううちに、「未だ何者でもない自分」に悩み、苦しみ・・・唯一の頼れる後輩・ナベ(青柳塁斗)のバイト先の高級レストランの門を叩く。
しかし、ナベと共にそこにいたのは、どこか人間離れした、不気味なアルバイトの女だった・・・
果たしてタダオは、そして2013年を生きる困った男たちは、幾多の想定外の苦難を乗り越え、ハッピーなクリスマスを迎えることが出来るのか?
・・・真面目に書くと「困ったメン」てこんなお話だったんです!




キャストのみなさん、ほんとに自分たちの役どころを最高におバカに演じてくださっていました。
毎回変わるアドリブの場面や一発ギャグなども、すごく面白かった!!

海老澤健次くん演じるジャンボは、ちょっと軍平を思わせる熱い若者。そんな絶望の時代にも夢を持って毎日キラキラ生きている彼の役が、健次くんにぴったりでした。
後半、劇薬メメシーを飲んで中身が女の子になっちゃうんですけど、その女の子な演技も最高にキュートでした、完全に負けました(笑)ピンクのチークがすっごく可愛かった♪歌声もすごく素敵だった♪
だけど、ダンスが始まるとホントに楽しそうにカッコよくダンスを踊っていて、オレンジのつなぎを着た健次くんから目が離せませんでした。


13時の回は、ひとり舞台「困ったマン」がありました。健次くんがひとりで脚本・演出したものです。
彼女にイヴの夜にフラれるんじゃないかと不安になった健次は、ビデオレターを残して死のうとするお話です。
そのビデオレター作製中にいろんな小ネタが飛び出して、健次くんファンにはたまらない内容でしたよ。
生でtomorrow~♪やガンバルンバ☆が聞けたのはホントに嬉しかったー!!


091223_160541.jpg
こまメングッズ~♪

エコバッグ
キャンディー
パンフレット
ポストカード


091223_160853.jpg

健次くんのブロマイドのセットです。普段見れない表情、いいよね~(^O^)
スポンサーサイト

Audition1月号 

海老澤健次さん掲載雑誌です



Audition1月号



091206_094756.jpg

イケ麺新そば屋探偵~いいんだぜ!~DVD発売インタビューです


撮影楽しかったみたいですねー♪



クリスマスイベントが待ち遠しいっ(^O^)/

CAST-PRIX ZERO VOL.8  

更新遅すぎだし・・・汗



海老澤健次さん掲載雑誌です



CAST-PRIX ZERO VOL.8

舞台『困ったメン』~絶望のシングルベルMIX~上山竜司×青柳塁斗
海老澤健次×浜尾京介×平田裕一郎


舞台についてはもちろん
クリスマスのエピソードなど語ってくれてます。

健次スマイルが、もう、ヤバいね♪

091206_095147.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。